相続税|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

キーワード「相続税」を含む記事一覧

2017/05/16
相続税の申告において庭園設備はどう評価する?
相続財産の評価をする際、庭の木や石、池、灯篭などの庭園設備はどのように評価するのでしょうか? 財産評価基本通達には、庭園設備の評価について以下のような規定があります。 <財産評価基本通達92(3)> 庭園設備(庭木、庭石、あずまや、庭池等をいう。)の […]
2017/04/25
相続税の申告報酬をめぐるトラブルが訴訟に発展!?
相続税の申告状況 平成27年1月に相続税の基礎控除が引き下げられたことに伴い、相続税の申告件数が大幅に増加しています。 国税庁が公表した「平成27年分の相続税の申告状況について」によると、平成27年中に亡くなった方(被相続人数)は約129万人(平成2 […]
2017/04/04
29年度改正の農地に係る相続税等の納税猶予の要件を緩和
  平成29年2月10日、「都市緑地法等の一部を改正する法律案」が閣議決定されました。この法案の中には生産緑地地区の面積要件の緩和についての生産緑地法の改正も含まれており、この改正を前提に農地に係る相続税等の納税猶予の対象となる生産緑地の面積要件も緩 […]
2017/03/28
海外居住者は要注意! 相続税・贈与税の納税義務範囲の見直し
平成29年度税制改正において、相続税・贈与税の納税義務範囲の見直しが行われました。 改正ポイントは下記の通りで、相続人等の中に海外居住者がいる場合は注意が必要です。 海外居住期間が”5年超”から”10年超”に 改正前は、財産をあげる方(被相続人または […]
2016/11/22
相続税の納税ができない場合に銀行から融資を受けて納税する
相続税は相続が起きてから10か月以内に納税を済ませなければなりません。しかし遺産の内訳で不動産が多く預貯金等の金融資産が少ない人は相続税の納税資金が不足して相続税が支払えなくなるという人も少なくありません。 そんな相続税の納税ができない場合の対応策と […]
2016/06/27
税理士のセカンドオピニオンで相続税や事業承継の相談を
医者にセカンドオピニオンを聞くのが一般的なように、税理士にもセカンドオピニオンを聞く機会があってもいいのではないでしょうか。この記事は税理士のセカンドオピニオンについて解説します。 1.顧問税理士は2人いてもいい! 通常、企業には顧問税理士1名がいる […]
2016/06/20
東京で相続税専門の税理士事務所を紹介
東京で相続税申告の依頼や相談を誰にしようかと悩まれている人は多いと思います。特に生前に税理士と付き合いがない人や、税理士と付き合いがあっても相続税に詳しくない場合には税理士を選ばなければいけません。 しかし税理士も医者と同様に専門分野が多岐に渡り相続 […]
2016/06/13
相続税申告は電子申告(e-tax)ができず書類提出のみ
法人税や所得税は電子申告(e-tax)が主流になってきましたので、相続税申告も電子申告したいと考える人も多いと思います。この記事では相続税の電子申告について解説します。 1.相続税は電子申告(e-tax)できない 結論から解説しますと、「相続税申告は […]
2016/06/07
暦年贈与サポートサービスを利用した時の相続税法24条の該当性
1.毎年定額の贈与は危険? 暦年贈与、つまり生前贈与を行う際に毎年定額を計画的に贈与してしまうと贈与について当初からの計画性を指摘されて連年贈与として相続税法24条にもとづき贈与トータル額について贈与税が課税されてしまうリスクがあります。 この件につ […]
2016/05/30
農地の納税猶予特例で相続税が大幅に節税できる!
農地を相続する際に農地の時価に応じた相続税の支払いがあると農地を売却しなければならず、農業を続けることができなくなってしまいます。そういった相続によって農業経営ができなくなることを防ぐために「農地の納税猶予特例」が設けられています。この記事では農地の […]

1  2  3  次の10件へ>>

« 一覧に戻る

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145