相続税|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

キーワード「相続税」を含む記事一覧

2018/01/23
借入金で賃貸物件購入の相続税の節税対策が税務署に否認
今回のチェスターNEWSでは、昨年の12月に公開された裁決事例から次の事案を紹介します。 1.事案の概要 被相続人は、銀行より調達した借入金で1棟の土地付賃貸マンションを2件購入(以下、『本件不動産』)した。 この借り入れの際に被相続人は銀行から不動 […]
2017/12/29
空き家譲渡特例の適用にあたっての注意点
平成28年度税制改正で創設された被相続人の居住用財産(空き家)を売ったときの特例(以下、空き家譲渡特例といいます。)を適用するにあたり、いくつか注意しなければならない点があります。  名古屋国税局が公表しているチェックリストがありますので、申告する際 […]
2017/12/19
国税庁28事務年度の相続税調査の状況を公表
平成29年11月、国税庁は「平成28事務年度における相続税の調査の状況について」を公表しました。 1、実地調査件数及び申告漏れ等の非違件数 相続税の実地調査の件数は12,116件、このうち申告に非違があった件数は9,930件(非違割合82.0%)と公 […]
2017/10/31
相続税の取得費加算の特例の算定単位
相続により取得した財産を相続税の申告期限の翌日以後3年を経過する日までに譲渡した場合には、その譲渡した相続財産の譲渡所得の計算上、支払った相続税額のうち一定金額をその財産の取得価額に加算することができます。 これを相続税の取得費加算の特例といいます( […]
2017/07/25
相続税法の行為計算否認
法人税法だけでなく、相続税法にも、行為計算否認の規定は存在します。 相続税法第64条1項(同族会社等の行為又は計算の否認等)「同族会社等の行為又は計算で、これを容認した場合においてはその株主若しくはその社員又はその親族その他これらの者と政令で定める特 […]
2017/05/16
相続税の申告において庭園設備はどう評価する?
相続財産の評価をする際、庭の木や石、池、灯篭などの庭園設備はどのように評価するのでしょうか? 財産評価基本通達には、庭園設備の評価について以下のような規定があります。 <財産評価基本通達92(3)> 庭園設備(庭木、庭石、あずまや、庭池等をいう。)の […]
2017/04/25
相続税の申告報酬をめぐるトラブルが訴訟に発展!?
相続税の申告状況 平成27年1月に相続税の基礎控除が引き下げられたことに伴い、相続税の申告件数が大幅に増加しています。 国税庁が公表した「平成27年分の相続税の申告状況について」によると、平成27年中に亡くなった方(被相続人数)は約129万人(平成2 […]
2017/04/04
29年度改正の農地に係る相続税等の納税猶予の要件を緩和
  平成29年2月10日、「都市緑地法等の一部を改正する法律案」が閣議決定されました。この法案の中には生産緑地地区の面積要件の緩和についての生産緑地法の改正も含まれており、この改正を前提に農地に係る相続税等の納税猶予の対象となる生産緑地の面積要件も緩 […]
2017/03/28
海外居住者は要注意! 相続税・贈与税の納税義務範囲の見直し
平成29年度税制改正において、相続税・贈与税の納税義務範囲の見直しが行われました。 改正ポイントは下記の通りで、相続人等の中に海外居住者がいる場合は注意が必要です。 海外居住期間が”5年超”から”10年超”に 改正前は、財産をあげる方(被相続人または […]
2016/11/22
相続税の納税ができない場合に銀行から融資を受けて納税する
相続税は相続が起きてから10か月以内に納税を済ませなければなりません。しかし遺産の内訳で不動産が多く預貯金等の金融資産が少ない人は相続税の納税資金が不足して相続税が支払えなくなるという人も少なくありません。 そんな相続税の納税ができない場合の対応策と […]

1  2  3  次の10件へ>>

« 一覧に戻る

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145