相続放棄申述書の書き方。記載例と入手方法。

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

相続放棄申述書の書き方。記載例と入手方法。 -2015/05/22-

関連キーワード:

20150522

相続放棄をする際に絶対に書かなければいけない相続放棄申述書。

どこから、どのようにして相続放棄申述書を入手して、書くのか。
記載するべき事項を順を追って説明いたします。

1.相続放棄申述書を手に入れる

相続放棄申述書は、家庭裁判所であればどこでも手に入れることができます。

お近くの家庭裁判所に行ってもらうこともできますし、ホームページからダウンロード可能です。
http://www.courts.go.jp/vcms_lf/10m-souzokuhouki.pdf
*ダウンロードしたら、印刷して記入の上、提出

2.相続放棄申述書を書く

20150522b

①800円分の収入印紙を貼って、料金を記載

切手は、裁判所からの返送に必要なものです。

②準口頭・関連事件番号

裁判所の記載欄ですので、空欄で提出します。
事件番号などが記載されるところです。

③提出先の家庭裁判所の名前と提出日を記載

申述人とは、相続を放棄する方のことを指します。
名前を記名したら、右側にある認め印も忘れずに押印しましょう。

④添付書類にチェックをつける

提出するべき書類にチェックをします。
書類は、あなたが被相続人に対してどのような関係かで変わりますので、ご注意ください。

⑤申述人と被相続人の個人情報を記載します

最初に集めた戸籍票に記載されている内容をそのまま書きます

20150522c

⑥相続を放棄する理由を記入

この理由をもとに相続放棄を受け付けないということは、ほとんどありませんので、素直に放棄する理由を書きます。

⑦財産の総額を記載する

正確でなくともかまいません。
あくまで現段階で把握している「だいたい」の財産額でかまいません。

3.まとめ

あまり専門的な内容はないので、すらすら書ける部分も多いと思います。

相続放棄をされる方のほとんどは、最初の資料を集める段階でハードルを高く感じることが多いようです。

今一度、相続放棄をやる際には、「相続放棄の手続きの方法と必要書類一覧」から全体像を把握して進めてください。

監修者 荒巻善宏

【次の記事】:土地の路線価と時価の違い。路線価は時価の8割程度?

【前の記事】:相次相続控除とカンタン計算方法。あなたの納税額が減る特別制度

← 一覧へ戻る

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306