養子縁組による相続税対策の税務リスク

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

養子縁組による相続税対策の税務リスク -2015/11/05-

関連キーワード: ,

column151105com

相続人の人数を増やして節税!?

日本の相続税の計算方法は、法定相続分課税方式といわれ、法定相続人の人数が増えれば増えるほど、相続税が低くなる計算の仕組みとなっています。

このため同じ財産額であっても、相続人の人数によって相続税額が異なるのです。これは富の再分配による格差是正を目的とした相続税の趣旨からすると、一人で財産を受け継ぐよりも複数で受け継いだ方が、相続額が少なくなるという前提のもとで考えられています。

このため子沢山は、相続税節税になるといわれるのです。

養子縁組による相続税の節税は無制限に可能か?

そうなると、誰しもが考えるのが、養子縁組をたくさんして、相続税を意図的に節税しようというものです。

しかしこれに対しては、すでに行き過ぎた節税策を防止するために、制限が設けられています。

【相続税の計算上、控除対象となる養子の人数】

① 実子がいる場合には、養子は一人まで

② 実子がいない場合には、養子は二人まで

ただしこの制限規定は、養子縁組の人数を制限しているわけではありませんので、養子の人数そのものを増やすことは可能です。

税務署に否認される可能性はあるか?

養子縁組による相続税対策を後で税務署から否認される可能性は、ほとんどありません。例えば相続開始直前に、病床でかわいい孫のために財産を残してあげたいからという理由で養子縁組するということを、税務署が後から、いやそれは節税目的だといって否認することは難しいでしょう。ただし次のようなケースでは、注意が必要です。

意思能力がない状態での一方的な養子縁組届の提出

相続開始直前に養子縁組したにも関わらず、養子に一切財産を相続させない遺産分割協議を行う、このようなケースでは、税務署に後から指摘を受ける可能性があります。

しかしながらある程度、説明できるストーリーがあれば、養子縁組による相続税対策そのものには、さほどリスクがないと考えられます。

特に財産総額が2億円以上あるような方では、養子縁組をするだけで1,000万円単位の相続税を節税することも可能です。ただし、戸籍に変更が生じたり、名字が変わったりすることがあるため、そのあたりに抵抗感を感じられる方もいるでしょう。

監修者 荒巻善宏

【次の記事】:「重点管理富裕層」とは?

【前の記事】:小規模宅地等の特例が改正で9割(90%)減額に!?

← 一覧へ戻る

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306