国税庁(税務署)への相続税の電話相談の方法

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

国税庁(税務署)への相続税の電話相談の方法 -2016/02/04-

関連キーワード:

column160202com_2

相談内容に応じて電話先は異なる

国税庁には無料の電話相談のサービスがありますので、誰でも電話をかければ税についての基本的な相談にのってくれます。この記事では国税庁(税務署)への相続税の電話相談の具体的な方法を解説します。

まずは自動音声か税務職員と直接やりとりするかを選択する

https://www.nta.go.jp/shiraberu/sodan/sodanshitsu/9200.htm 
(相談窓口の電話番号)

column160202com_1

 

これは国税庁のHPにある電話相談の流れですが、0番は国税庁の確定申告相談センターに繋がり相続税は対象外ですので、間違えて0番を押さないように注意が必要です。相続税の「一般的な」質問をする方は1番を押します。

ここでの電話相談センターは相続税についての一般的な質問には答えてくれますが、「個別具体的な」相談については明確な回答をもらえないことがほとんどです。相続税の場合にはグレーゾーンも多々ありますので、これはやむを得ないことかもしれません。

そこで個別具体的な相談がある場合には、直接税務署の職員と話をする2番を押します。そうしますと電話をかけた税務署の職員が直接対応をしてくれますが、結局個別具体的な相談をするためには電話だけでは対応してくれずに、直接税務署に出向く必要性が生じるでしょう。

もちろん自分の身元を明かして上での相談となりますので、もしあなたが税務署に探られたくないことがあるのであれば、直接相談は避けた方がいいかもしれません。税務署では来訪者の記録をとっていますので、怪しいことがあれば逆に調べられてしまうかもしれないためです。

そういった意味では、まず相続税についての知りたいことがあれば国税庁の自動音声で「1」番を選択して一般的な質問からスタートするとよいでしょう。それでも解決しなければ税務職員と相談できる「2」番を押すか、もしくは有料になりますが税理士に相談に行くとよいでしょう。

 

当サイトの運営法人

セミナー

4000人以上に選ばれている
相続専門の業界大手税理士事務所



【次の記事】:生命保険金は遺留分の対象になる

【前の記事】:「タワーマンション節税」の相続税評価方法改正

← 一覧へ戻る

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145