税務署は見ている!土地が縄伸びしている場合の相続税評価の注意点

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

税務署は見ている!土地が縄伸びしている場合の相続税評価の注意点 -2016/08/02-

関連キーワード:

税務署は見ている!土地が縄伸びしている場合の相続税評価の注意点

1.土地は登記地積ではなく実測地積で申告しなければならない

相続税申告を行う際の対象となる土地の地積は、登記地積ではなく実測値でなければなりません。登記地積は必ずしも実際の地積をあらわしているわけではなく、過去の分筆等によって実測値となっていないケースがあるため注意が必要です。

2.税務署は縄伸びが分かるか?

税務署では土地の現況確認を行うこともあるため土地が「明らかに」縄伸びしていれば申告している面積との違いが分かり税務調査の対象となる可能性があります。

また相続税申告後に対象となる土地を売却した時には、売却時に必ず測量を行うため地積が増加して縄伸びしていることに気づくことがあります。売却後は登記が変更されるため、登記情報が税務署にも流れるため税務署が縄伸びに気づくのです。

3.必ず測量する必要があるか?

縄伸びに注意しなければならないとしても相続税申告の際に土地家屋調査士に測量を必ず依頼しなければならないわけではありません。

実際に測量を依頼すると測量費用もかかりますし、税務署もそこまで求めてはいません。

ただし登記地積が明らかに実際の面積よりも少ないと思われるような場合には、簡易的な測量を行い申告するとよいでしょう。

また縄伸びの反対である「縄縮み」があるような場合には、土地の相続税評価額が低くなりますので節税の観点からも測量が望まれます。

監修者 荒巻善宏

【次の記事】:相続税申告提出時の戸籍謄本は原本提出が必要か?

【前の記事】:ハワイのコンドミニアムの固定資産税評価額を調べる方法

← 一覧へ戻る

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306