「原本」か「コピー」か!相続税申告書の添付書類

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

「原本」か「コピー」か!相続税申告書の添付書類 -2017/06/22-

関連キーワード: ,

20160509column_jp

相続税申告書の添付書類として税務署に提出する書類のうち、原本を提出しなければいけないものとコピーでもよいものがあります。ここでは、主なものを具体的に紹介します。

原本で提出する必要がある書類

・身分関係書類(戸籍謄本、改正原戸籍、住民票など)
・印鑑証明書

コピーで提出する書類

・遺産分割協議書
・不動産の登記簿謄本
・預金口座の残高証明書
・葬儀費用の領収書
・通帳

実務における注意点

制度上は、身分関係書類は原本を税務署に提出する決まりになっていますが、多くの税理士事務所がコピーを提出しているという事態があります。

税務署側の対応としても、まちまちで、コピーを提出しても何も言ってこない場合もありますし、提出後に電話がかかってきて原本の提出を求められるケースもあります。

監修者 荒巻善宏

【次の記事】:平成29年度税制改正大綱情報 ~広大地評価の見直し~

【前の記事】:国・地方で異なる配当課税方式を選択する場合の要件

← 一覧へ戻る

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145