農業用施設用地の評価

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

農業用施設用地の評価 -2014/04/08-

関連キーワード:

農業用施設用地とは、農用地区域又は市街化調整区域内に存する農業用施設の用に供されている宅地をいいます。

例えば、畜舎、農産物貯蓄施設、農機具を収納する農業用施設及びその敷地等です。

これらの土地の評価は、付近の農地価額を基準として求めた価額に、その宅地を農地から転用する場合において通常必要と認められる造成費に相当する額を加えることで行います。

造成費とは、例えば整地や伐採、地盤改良に伴う費用をいいます。

また、市街化が進む地域の付近に存在し、通常の宅地価額水準で取引されていると判断される場合には、農地価額ではなく、その付近の宅地の価額を基準として評価します。

このように、同じ農業用施設敷地として利用されている土地であっても、その付近の地域によって、評価方法は異なることとなるので注意が必要です。

column140408com 監修者 荒巻善宏

【次の記事】:相続により承継した連帯保証債務

【前の記事】:死後すぐに必要になるお金を相続財産とは別にとっておけるの?

← 一覧へ戻る

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306