相続税は期限内に納めましょう

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

相続税は期限内に納めましょう -2008/07/27-

相続税申告書は、相続の開始があったことを知った日の翌日から10か月以内に提出しなければなりません。

この期限内に申告しなかった場合には、次のようなペナルティが課せられます。

まずは法定期限後に納付したことによる延滞税です。遅れて納付した分について、4%から7%程度の税金を支払わなければなりません。

次に申告期限内に、申告書を提出しなかった場合に課される無申告加算税というペナルティーがあります。納付税額が50万円以下の場合は納付税額に対して15%、納付税額が50万円超の場合には納付税額に対して20%の税金が課せられます。

しかし、期限後に申告書や修正申告書を提出し、その提出が、税務調査などによる更正または決定を予知したものでないときは5%に軽減されます。

一方で免除となることもあります。

その要件は、申告期限後、2週間以内に申告書を提出した場合でかつ納付すべき税額を納付期限内に納付しているなど、期限内に申告書を提出する意思があったと認められた場合です。(国税通則法第66条)

最後に過少申告、無申告、不納付の場合において、税額等の計算の基礎となるべき事実の全部又は一部を隠ぺい又は仮装したりしたときは、その税額の35%(又は40%)の重加算税が課されることになります。税額の35%から40%というのですから、非常に厳しいペナルティであるといえます。

監修者 荒巻善宏

【次の記事】:四十九日法要後は相続税申告のご相談を

【前の記事】:後継ぎ遺贈型の受益者連続型信託

← 一覧へ戻る

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306