相続税の計算方法(平成23年改正後) 

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

相続税の計算方法(平成23年改正後)  -2010/12/26-

関連キーワード:

相続税が大幅に増税される税制改正大綱が閣議決定しました。

相続税の基礎控除について以下のように改正が予定されています。

【現在】 5,000万円+1,000万円×法定相続人の数

【H23.4.1以降】3,000万円+600万円×法定相続人の数

つまり、夫が死んで相続人が妻と子供2人の場合、従来であれば相続財産が8,000万円以下であれば相続税はかからなかったのですが、今回の改正で相続財産が4,800万円を超える場合には、相続税の対象者になります。

監修者 荒巻善宏

【次の記事】:遺族給付金に関する相続税の取り扱い

【前の記事】:相続税が増税されました(基礎控除の引下げ)

← 一覧へ戻る

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306