遺族給付金に関する相続税の取り扱い

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

遺族給付金に関する相続税の取り扱い -2011/01/02-

遺族給付金とは、厚生年金や国民年金などの被保険者であった人が亡くなったとき、遺族の方に対して支給される給付金です。また、恩給を受けていた人が亡くなった場合には、遺族の方に対して支給される恩給をいいます。

ここでは、遺族給付に関する相続税課税の取り扱いについて解説します。 企業年金制度からの給付金に関しては、給付形態(年金か一時金か)、採用している制度の種類、および給付の発生事由(老齢、障害または遺族)によって取扱いが異なります。

国民年金法、厚生年金保険法、恩給法、旧船員保険法、国家公務員共済組合法、地方公務員等共済組合法、私立学校教職員共済法、旧農林漁業団体職員共済にかかる遺族給付金の場合には、年金、一時金ともに非課税扱いとなります。しかし、確定給付企業年金、適格退職年金、企業型確定拠出年金の場合、年金、一時金はともに相続税の課税対象となります。

当サイトの運営法人

セミナー

4000人以上に選ばれている
相続専門の業界大手税理士事務所



【次の記事】:相続財産から差し引くことができる葬儀費用とは?

【前の記事】:相続税の計算方法(平成23年改正後) 

← 一覧へ戻る

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145