相続財産等の評価上の邦貨換算について

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

相続財産等の評価上の邦貨換算について -2011/01/23-

関連キーワード:

被相続人が海外に住宅を所有していたり、外貨建預金口座を持っていたり、また、相続人が海外在住している場合等、相続発生時点において、個々に様々な状況の場合があります。
そこで、相続財産や外貨建債務の評価において、邦貨換算の方法が設けられています。

①国外財産及び外貨建財産の邦貨換算

■ 原則
課税時期における対顧客直物電信買相場(Telegraphic Transfer Buying Rate)により換算

■ 課税時期にこの相場がない場合
課税時期前の対顧客直物電信買相場のうち、課税時期に最も近い日の対顧客直物電信買相場により換算する。

②外貨建債務の邦貨換算

■ 原則
課税時期における対顧客直物電信売相場(Telegraphic Transfer Selling Rate)により換算

■ 課税時期にこの相場がない場合
課税時期前の対顧客直物電信売相場のうち、課税時期に最も近い日の対顧客直物電信売相場により換算する。
※債務の邦貨換算の考え方としては、一旦、円を売って外貨に換えて債務を返済するので、銀行(外貨を売る側)からみたレートで換算する、という意味があります。

監修者 荒巻善宏

【次の記事】:セットバックと相続税評価

【前の記事】:一般開放されている空地でも評価減の対象にはならない??

← 一覧へ戻る

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306