相続があった場合の被相続人に係る確定申告書 (準確定申告書) の提出期限について

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

相続があった場合の被相続人に係る確定申告書 (準確定申告書) の提出期限について -2011/03/06-

関連キーワード:

相続があった場合には、相続人は、被相続人の確定申告の義務と帳簿の備え付け・記録・保存の義務を承継します。相続人は、1月1日から被相続人が死亡した日までに確定した所得金額及び税額を計算して、相続の開始があったことを知った日の翌日から4か月以内に申告と納税をします。(これを準確定申告といいます。)

個人事業者の確定申告書の提出期限は、申告に係る年の翌年3月15日ですが、準確定申告書は、相続の開始があったことを知った日の翌日から4か月以内であり、通常の確定申告期限とは異なります。
そして、確定申告をしなければならなかった方が、翌年の1月1日から確定申告期限までの間に確定申告書を提出しないで死亡した場合は、前年分・本年分とも相続の開始があったことを知った日の翌日から4か月以内です。
また、被相続人の消費税の確定申告書も同様に、提出期限の特例が設けられています。

監修者 荒巻善宏

【次の記事】:貸家の一部が空室となっている場合の宅地の評価

【前の記事】:固定資産の交換の特例について

← 一覧へ戻る

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145