上場株式についての最終価格の特例について

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

上場株式についての最終価格の特例について -2011/05/06-

関連キーワード:

上場株式の評価をする際、課税時期に最終価格が無いものについては、課税時期の前日以前の最終価格又は翌日以後の最終価格のうち、課税時期に最も近い日の最終価格(その最終価格が2つある場合には、平均額)により評価しますが、今回は上場株式について権利落ち又は配当落ちがあったときについて考察します。

また、課税時期が権利落又は配当落の日の前日以前であるときや、権利落後から株式の割当て、株式の無償交付又は配当金交付の基準日までの間にあるときは、その課税時期や権利落等の日の前日以前の最終価格のうち、課税時期に最も近い日の最終価格をもって課税時期の最終価格とします。

しかし、課税時期が株式の無償交付又は配当金交付の基準日の翌日以後で、評価の基礎となる最終価格が、その権利落等の日の前日以前のもののみである場合又は権利落等の日以前のものと以後のもの、両方ともある場合は、課税時期の翌日以後の最終価格のうち、課税時期に最も近い日の最終価格にて評価します。

監修者 荒巻善宏

【次の記事】:相続開始後に取得した保険金・給付金について

【前の記事】:土地の賃貸借がある場合の評価額

← 一覧へ戻る

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306