相続があった場合の消費税の納税義務の判定について

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

相続があった場合の消費税の納税義務の判定について -2011/05/27-

相続により、被相続人の事業を引き継いだ相続人は、通常の納税義務の判定のほか、基準期間に対応する期間おける被相続人の課税売上高によっても、納税義務の判定がなされます。

つまり、相続開始日の属する年における被相続人の営む事業に係る課税売上高は、相続人に引き継がれたものとされます。

仮に、相続人も事業者であったときには、たとえ相続人が、相続開始日の属する年は免税事業者であったとしても、その年の被相続人の営む事業に係る課税売上高が1,000万円を超えていれば、課税事業者となり、消費税を納める義務が発生する場合があるので注意が必要です。

当サイトの運営法人

セミナー

4000人以上に選ばれている
相続専門の業界大手税理士事務所



【次の記事】:相続人の権利・義務

【前の記事】:ゴルフ会員権の評価

← 一覧へ戻る

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145