個人向け国債の評価について

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

個人向け国債の評価について -2011/07/11-

関連キーワード:

利付公社債とは、券面に利札の付いている債券で、利払いは年間の一定期日に、その利札を切り取って行われます。また、個人向け国債とは、平成15年3月から発行が始まった個人のみが保有できる利付国債で、変動金利・償還期限10年の商品と固定金利・償還期限5年の商品があります。

今回は、変動金利・償還期限10年の場合の評価について解説します。

基本的な評価額は、額面金額+経過利子相当額-中途換金調整額=評価額によって評価がされます。つまり、中途換金したらいくらになるかという観点から評価されるため、過去に受け取った各利子相当額(税引後)が評価額から差し引かれるのです。

したがって、課税時期がいつであるかによって中途換金調整額が変わります。

①課税時期が初期利子支払期日到来前である場合中途換金調整額=経過利子相当額

②課税時期が第2期利子支払期日到来前である場合中途換金調整額=初期利子相当額×0.8+経過利子相当額

③課税時期が第2期利子支払期日到来以降である場合中途換金調整額=中途換金日の直前2回の各利子相当額×0.8※ここでの経過利子相当額は、発行日又は課税時期の直前の利子支払日から課税時期までの経過日数に応じた利子相当額です。

監修者 荒巻善宏

【次の記事】:1つの連続する路線の屈折部に接する不整形地

【前の記事】:向かいの土地がセットバック出来ない場合の土地評価について

← 一覧へ戻る

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145