1つの連続する路線の屈折部に接する不整形地

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

1つの連続する路線の屈折部に接する不整形地 -2011/07/19-

路線価方式により土地を評価する際、奥行価格補正率適用の基となる奥行距離は、不整形地の場合、想定整形地の奥行距離を限度として、不整形地の面積を間口距離で除して得た数値となります。なお、その際、屈折部に接している不整形地の間口距離は、その不整形地に係る想定整形地の間口に相当する距離と屈折部に実際に接している距離とのいずれか短い距離とします。

監修者 荒巻善宏

【次の記事】:建築中の家屋の評価について

【前の記事】:個人向け国債の評価について

← 一覧へ戻る

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145