建築中の家屋の評価について

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

建築中の家屋の評価について -2011/07/25-

被相続人が家屋の建築にかかる工事契約を締結し、その建築工事中に死亡した場合におけるその家屋の評価額については、その家屋について、課税時期までにかかった建築費用の額(以下、費用現価という。)に70%を乗じて計算した金額(工事未完成の場合に限る)により評価します。その際の費用現価は、課税時期における建築工事の進捗率を乗じて評価します。 また、既に支払われた工事請負代金と費用現価との差額は、未払金として債務に計上します。

当サイトの運営法人

セミナー

4000人以上に選ばれている
相続専門の業界大手税理士事務所



【次の記事】:相続発生後の手続きと期限について

【前の記事】:1つの連続する路線の屈折部に接する不整形地

← 一覧へ戻る

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145