信用金庫等への出資金の評価について

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

信用金庫等への出資金の評価について -2011/09/20-

関連キーワード:

被相続人が信用金庫等への出資を行っていた場合について、その出資金の相続財産としての評価は、原則として、「払込済の出資金額」によって評価します。

財産評価基本通達194から196では、協業組合への出資、信用金庫・信用組合への出資、農業組合法人への出資と、その事業形態に応じて、それぞれに分けられこらむて規定されています。

なお、協業組合の出資については、会社としての要素を多く含んでおり、持分会社に近似しているとのことですが、各組合員の議決権は平等であり、出資金額と議決権は、直接関係しないことから、非上場株式の評価をする際の算式等は、適用しないことになっています。

監修者 荒巻善宏

【次の記事】:相続税の納税義務者

【前の記事】:路線価評価のしくみ

← 一覧へ戻る

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145