自社株式の株価対策② 

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

自社株式の株価対策②  -2011/10/25-

関連キーワード:

非上場株式の株価引き下げ策の第二弾です。今回は、類似業種比準価額を下げる方法を検討したいと思います。

類似業種比準価額は、利益・配当・純資産価額を基に計算します。

この中で、一番効果があるのが利益の引き下げとなります。

なぜかといいますと、配当・純資産の2要素を1としたら利益はその3倍で比準するためです。

では、どのように利益を下げれば良いのでしょうか。

利益の圧縮方法は、通常の法人税の節税と同様に、決算賞与を支出したり、固定資産などの含み損を実現させたりと色々な方法があります。

なお、利益の圧縮に注力しすぎて、無駄な費用を支出し、利益を下げたとしても経営状態を悪くする可能性もあります。これでは、本末転倒ですので注意してください。

当サイトの運営法人

セミナー

4000人以上に選ばれている
相続専門の業界大手税理士事務所



【次の記事】:遺産未分割の場合の相続税の申告について

【前の記事】:開業費と創業費

← 一覧へ戻る

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145