自社株式の株価対策③

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

自社株式の株価対策③ -2011/12/26-

関連キーワード:

非上場株式の株価引き下げ策の第三弾です。今回も前回に引き続き類似業種比準価額を下げる方法を検討します。

前回は、利益を圧縮すると株価が下げられると記載しましたが、配当に関しても同じことが言えます。

すなわち、配当を少なくするか又は無配とすれば、株価を下げることができます。

配当は、利益と比べ株価引下げのインパクトは小さいですが、利益と異なり比較的事前にコントロールし安く株価対策には有効です。

なお、他の2つの比準要素(利益及び純資産)がゼロ以下ないのであれば、配当を少なくしたり無配とした方が評価は下がりますが、他の比準要素がゼロ以下ならば配当をしなかった場合、比準要素ゼロ又は1の会社に該当してしまい、逆に高く評価されることもあるので注意が必要です。

監修者 荒巻善宏

【次の記事】:従業員に金銭を貸付けしたとき

【前の記事】:1棟の家屋の敷地の一部が特定居住用宅地等に該当する場合について

← 一覧へ戻る

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145