相続開始後に不動産を売却した場合の相続税評価額

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

相続開始後に不動産を売却した場合の相続税評価額 -2012/03/19-

相続した不動産を売却した場合、相続税評価額を下回ることもよくあります。
このようなときは、次の要件を満たしていれば売却した金額をもって相続税評価額とできることがありますので、該当する場合には、専門家に相談したほうがいいでしょう。

  • ・相続開始時と譲渡時期との時間差があまり無いこと。
  • ・売却価額が適正※であること。
    ※売却価額が適正でない場合

例えば、何らかの事情等により、相続財産を処分する必要があり、売り急いだため仲値を下回る価額での取引があった場合や、譲渡先が特殊関係者(親族や同族会社)であり、その売却価格に合理的な根拠がない場合等。

監修者 荒巻善宏

【次の記事】:国外財産調書制度

【前の記事】:相続財産を譲渡(売却)した場合の譲渡所得の特例(取得費加算)とは?

← 一覧へ戻る

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306