私道の評価について

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

私道の評価について -2012/05/07-

関連キーワード:

私道とは、複数の者の通行の用に供される私有地である宅地をいいます。私道は次の3種類に分けられ、それぞれ評価の方法が異なります。

① 不特定多数の者が通行する私道

不特定多数の者の通行の用に供されている私道となっている宅地は、公衆用道路として価額は評価されないこととなります。なお、「不特定多数の者の用に供されている私道」とは、ある程度の公共性が認識できる通り抜け私道であることが必要とされます。

② 複数の特定の者が通行する行き止まり私道

特定の者が通行する行き止まり私道は、原則として当該私道の用に供されている宅地を自用地として評価した価額の30%に相当する価額で評価します。
ただし、当該行き止まり私道に宅地の評価計算上必要であるとして、所轄税務署に特定路線価というものを設定してもらい、特定路線価を基に計算した宅地の価額(私道の地積×特定路線価)の30%として評価することも可能です。
なお、所有者は「特定の者」に含まれないとされ、所有者のみが通行する私道は下記③の評価となります。

③ 宅地の所有者のみが通行する行き止まり私道

宅地の所有者のみが通行する行き止まり私道は通常の宅地と同様に評価することとなります。宅地の処分に何ら制約を受けないとされるからです。

当サイトの運営法人

セミナー

4000人以上に選ばれている
相続専門の業界大手税理士事務所



【次の記事】:被相続人の財産の調べ方のコツ

【前の記事】:給与所得者の特定支出控除の改正

← 一覧へ戻る

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145