指定受取人が被相続人(契約者・被保険者)より先に死亡した場合

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

指定受取人が被相続人(契約者・被保険者)より先に死亡した場合 -2012/05/21-

生命保険の指定受取人が被相続人(契約者・被保険者)よりも早く死亡した場合、保険の契約者が受取人を再指定することができます。

しかし、受取人の再指定をする前に被相続人が死亡してしまった場合には、保険法第46条「保険金受取人が保険事故の発生前に死亡した時は、その相続人の全員が保険金受取人となる。」により、保険金の支払事由が発生した時に生存している指定受取人の法定相続人全員が保険金の受取人となります。

この時の取得割合は民法第427条「数人の債権者又は債務者がある場合において、別段の意思表示がないときは、各債権者又は各債務者は、それぞれ等しい割合で権利を有し、又は義務を負う。」によって、複数の相続人がいる場合はそれぞれが等しい割合で取得することとなります。この時、受取人を決める基準として「法定相続人」という地位を利用するだけなので、取得割合は法定相続分によって決まるものではありません。

監修者 荒巻善宏

【次の記事】:孫養子の2割加算

【前の記事】:被相続人の財産の調べ方のコツ

← 一覧へ戻る

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306