死亡保険金に課せられる税金(相続税・所得税・贈与税)

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

死亡保険金に課せられる税金(相続税・所得税・贈与税) -2012/07/02-

関連キーワード:

被相続人の死亡により死亡保険金を受け取った場合には、保険料を誰が負担していたかにより課税関係が異なります。

① 被相続人が保険料を負担していた場合

相続税が課されます。 なお、「500万円×法定相続人の数」の非課税限度額があります。

② 保険金受取人が保険料を負担していた場合

一時所得または雑所得として、所得税が課されます。

③ 被相続人、保険金受取人以外の者が保険料を負担していた場合

基礎控除額の110万円を超える部分に贈与税が課されます。

非課税制度や税率などの違いにより、贈与税は相続税や所得税に比べ高額の税額が課されてしまいます。生命保険に加入の際は、上記の点も考慮に入れながら検討すると良いでしょう。

当サイトの運営法人

セミナー

4000人以上に選ばれている
相続専門の業界大手税理士事務所



【次の記事】:配偶者控除による節税

【前の記事】:市街地山林の評価

← 一覧へ戻る

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145