複数の地目から構成されている土地の評価

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

複数の地目から構成されている土地の評価 -2012/08/03-

複数の地目から構成されている土地とは、宅地・田・畑・山林等、異なる地目の土地が一体の土地として利用されていることを言います。

一体の土地として利用されている土地が複数の地目から構成されている場合、その一団の土地はそのうち主たる地目からなるものとして一体評価を行います。

土地の価額は、次に掲げる地目の別に評価する。

ただし、一体として利用されている一団の土地が2以上の地目からなる場合には、その一団の土地は、そのうちの主たる地目からなるものとして、その一団の土地ごとに評価するものとする。(財産評価基本通達7ただしがき)

また、一団の土地の上に借地権・賃借権等、異なる権利が存する場合は、その一団の土地の評価額をそれぞれの地積で按分して、借地権・賃借権の評価の基礎となる自用地価格を算出します。

当サイトの運営法人

セミナー

4000人以上に選ばれている
相続専門の業界大手税理士事務所



【次の記事】:相続人に未成年者がいる場合(未成年者の税額控除)

【前の記事】:借入金がなくても債務控除できます

← 一覧へ戻る

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145