相続人に未成年者がいる場合(未成年者の税額控除)

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

相続人に未成年者がいる場合(未成年者の税額控除) -2012/08/13-

関連キーワード:

相続人が次の要件に該当する場合には、相続税の額から一定の金額を差し引くことができます。

【要件】

下記(1)~(3)のすべてに該当する者であること

(1)相続または遺贈により財産を取得したときに日本国内に住所がある者、又は、日本国内に住所がなくても次のいずれにもあてはまる者
①その者が、日本国籍を有している
②その者又は被相続人が相続開始前5年以内に日本国内に住所を有したことがある

(2) 相続または遺贈により財産を取得したときに20歳未満である者

(3)被相続人の法定相続人である者

【差し引く金額】

(20歳 ― 相続開始時の年齢)× 6万円

年数の計算にあたり、1年未満の期間があるときは切り上げて1年として計算します。

例えば、相続人の年齢が10歳7ヶ月の場合、20歳までは9年5ヶ月ですので、切り上げて10年となり、差し引く金額は60万円となります。

また、相続開始時に相続人が胎児であるときは、生きて生まれた場合に、相続税額から120万円を差し引くことが可能です。

監修者 荒巻善宏

【次の記事】:相続税申告において書面添付制度を適用するメリットとは!?

【前の記事】:複数の地目から構成されている土地の評価

← 一覧へ戻る

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306