相続税の申告が必要か否かの判断基準

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

相続税の申告が必要か否かの判断基準 -2012/11/12-

相続が発生した場合、相続税の申告が必要な場合と不要な場合があります。通常、申告が必要か否かは、相続財産の総額が基礎控除額を超えているかどうかにより判断する事が可能です。基礎控除額は、5,000万円+1,000万円×法定相続人の数で計算されます。(例:相続人が配偶者と子供2人の計3人の場合、基礎控除額は5,000万円+1,000万円×3人で8,000万円となります。)

・相続財産の総額が基礎控除額(上記例では8000万円)を超える場合
相続税の申告が必要です

・相続財産の総額が基礎控除以下の場合
相続税の申告は不要です

ただし、上記の判断方法はあくまで目安であり、小規模宅地等の特例のように適用の為には申告が必須である場合、養子がいる等により基礎控除額の計算が異なる場合など、個々のケースにより申告の要否は変わる可能性があります。

そのため、特例を適用せずに想定される財産の総額が基礎控除額に近い場合や不明な点がある際には、専門家に相談することをお勧めします。

監修者 荒巻善宏

【次の記事】:死亡保険金の非課税措置

【前の記事】:無道路地の評価

← 一覧へ戻る

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306