相続税の基礎控除額の引き下げ

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

相続税の基礎控除額の引き下げ -2013/03/25-

関連キーワード:

3月1日、平成25年度税制改正関連法案が国会に提出されました。現在、審議が行われており、この法案が成立すると、各種税制の改正が正式決定します。

平成25年度税制改正において、相続税に関する主な改正の一つに「相続税の基礎控除額の改正」が挙げられます。改正内容は下記の通りです。

(現行) 5,000万円 + 1,000万円×法定相続人の数

(改正後) 3,000万円 + 600万円×法定相続人の数

相続税は相続財産の価額が基礎控除額を超える場合に課税されますので、基礎控除額が下がれば、相続税を払わなければならない人が増え、また相続税額が増加する事が予想されます。なお、この改正は平成27年1月1日以後に発生した相続、つまり平成27年1月1日以後に亡くなった方の相続税申告から適用されます。

約2年後の改正となりますので、生前対策を行う際には、この基礎控除額の引き下げやその他の税制改正にも考慮する必要があります。

監修者 荒巻善宏

【次の記事】:株式保有特定会社の評価

【前の記事】:私募債の活用

← 一覧へ戻る

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145