事業承継対策としてのM&A

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

事業承継対策としてのM&A -2008/11/30-

事業承継には様々な対策があり、その対策の一つとして、M&Aが浮上します。自身の会社を売却することもあれば、新たな会社を買収することも考えられます。

環境の変化に適応していくため、また競争に勝ち残っていくには、企業にとって重要性の高い事業は更に伸ばし、企業にとって重要性の低い事業は補強する、もしくは切り離すという取捨選択を行うことも重要となっています。

この取捨選択を迅速に取り組むことができる手段としても、M&Aは有効といえます。また複数の事業を統合したとき、そこには従来、個々にもっていた以上の価値を生み出す力、つまりシナジー効果を期待することもできます。

また会社を譲渡する場合には、後継者不足や事業の将来性の有無等により、会社売却によりリタイアするということも一つの決断です。確かに多くの会社はオーナーや先代が築きあげてきた大切な会社であり、そう簡単に事業の譲渡を決定することはできません。

しかし適切な後継者がいない場合には、会社そのものの経営基盤が揺らぐ恐れがあります。そうであれば、事業を共に成長させてくれる会社へ事業を譲渡することで、会社が今後も存続しておくことができます。

また譲渡により、創業者利潤を実現できるため、ご自身のリタイア後の退職金や相続税の納税資金の確保にもつながります。

当法人では、M&Aも含め事業承継のお手伝いをさせて頂いておりますので、こちらよりご相談下さい。 事業承継対策に”早すぎる”ことはありません。

監修者 荒巻善宏

【次の記事】:一周忌法要後は相続税還付のご依頼を

【前の記事】:金庫株活用の相続対策におけるメリット

← 一覧へ戻る

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306