赤字会社を利用した適格合併

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

赤字会社を利用した適格合併 -2009/02/15-

赤字会社と適格合併を行うと、被合併法人がもつ繰越欠損金を引き継ぐことができます。

例えば、多額の繰越欠損金のある関係会社を利益のある会社が合併しましたような場合には、利益と繰越欠損金が相殺できます。そして、従来払うべきであった税金分だけ、会社に内部留保できることになります。そして引き継いだ繰越欠損金はさらに、翌年以後にも繰り越していけます。

一方、現在は合併により含み益のある資産が移転する場合には、その含み益に対して原則として課税(時価で譲渡があったものとみなす)することになっています。

しかし、適格合併であれば、含み益に対して課税は行わずに、課税を繰り延べようということになっています。単に節税だけを目的であると認定された場合には、形式的には適格合併であっても繰越欠損金の引き継ぎが認められないこともあります。

組織再編には、税制面のみならず法律面でも専門家の手助けが必要です。

事業承継でお困りの方はこちらより税理士法人チェスターへご連絡下さい。
*無料面談を行っています。

監修者 荒巻善宏

【次の記事】:非上場株式の相続税評価額について

【前の記事】:東京局 平成20年分の確定申告期間の取組みを公表

← 一覧へ戻る

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145