遺産分割協議書の作成の方法

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

遺産分割協議書の作成の方法 -2009/05/17-

関連キーワード:

遺産分割協議書は特に様式は指定されていません。内容を明確にし、全員が自署、押印(実印)すれば大丈夫です。あわせて印鑑証明書も準備しておくようにしましょう。

また遺産分割協議書のコピーは申告の際の添付書類となりますので、相続の申告が必要な方は、遺産分割協議書の作成も税理士に依頼するといいでしょう。

遺産分割の方法によっては、税額が大きく違ってくることもありますので、税理士の助言を受けながら、相続人間で遺産分割方法を話し合われることをお勧めします。

税理士法人チェスターでは、申告においてコスト重視プラン、ALLお任せプランの2つのプランを用意していますが、それぞれ遺産分割協議書の作成が基本料金の中に含まれています。

遺産分割協議書の作成のみならず、節税を意識した遺産分割案の提案や、2次相続に向けたシュミレーション等までお願いしたいといった場合には、ALLお任せプランを選択されるといいでしょう。

監修者 荒巻善宏

【次の記事】:共同相続人が単独で被相続人の預金口座の開示を請求可能か?

【前の記事】:入院等で空き家になっていた場合でも小規模宅地の特例を使えるのでしょうか?

← 一覧へ戻る

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306