遺産分割協議書の作成は必要か?

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

遺産分割協議書の作成は必要か? -2010/02/21-

関連キーワード:

質問

遺産は現金、銀行預金のみで、不動産がない場合でも、遺産分割協議書は必要でしょうか?

回答

銀行預金は、銀行が死亡の事実を知れば凍結されます。これを解約・名義変更等するためには、相続人全員の実印の押された同意書が必要となりますが、銀行に書類が用意されていますので、その通りに作れば解約等が可能です。

このため、遺産分割協議書の作成は不要と思われるかもしれませんが、相続税申告を行う規模の財産額を保有されている方については、相続税申告書の添付書類として遺産分割協議書が必要となってきますし、後々にトラブルを残さないよう遺産分割協議書を作成することが必要になってきます。

また不動産を登記する際には、遺産分割協議書が必ず必要となります。

当事務所では、申告にあたり、遺産分割協議書の作成も、通常業務として、プランの内訳に含まれておりますので、ご安心してご依頼下さい。

監修者 荒巻善宏

【次の記事】:養子の人数と相続税の関係

【前の記事】:相続税の申告の手順(必要資料・申告期限・申告方法)

← 一覧へ戻る

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306