チェスターNEWS|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

チェスターNEWS

コラム


相続税をはじめ、さまざまな税についてのニュースを発信いたします。

2017/07/12
相続人に障害者がいる場合の遺産分割と相続税申告
相続手続きの際に、法定相続人の中に障害者がいる場合、「遺産分割」と「相続税申告」において、通常とは異なる点があるため、注意が必要です。 特に意思能力に問題がある障害を持つ相続人がいる場合、相続発生後から手続きをすると、10ヵ月以内の相続税申告に間に合 […]
2017/07/11
CRS導入で過去の申告漏れ発覚!?
1.CRSの導入とその影響 共通報告基準(以下、CRSという)とは、自動的情報交換の対象となる非居住者の金融口座の特定方法や、情報の範囲等を各国で共通化する国際基準のことを言います。これによって各国の税務当局間で効率的に情報交換し、国外の金融機関の口 […]
2017/07/04
法定相続情報証明制度について
平成29年5月29日(月)から全国の法務局において「法定相続情報証明制度」がスタートしました。この制度により全国の法務局から「認証文付き法定相続情報一覧図の写し」を入手できるようになっています。今回はこの「法定相続情報証明制度」について解説していきま […]
2017/06/27
取引相場のない株式の評価について改正通達公表
平成29年度税制改正大綱で見直しが検討されていた取引相場のない株式の評価方法について、平成29年4月27日付課評2-12ほか「財産評価基本通達の一部改正について(法令解釈通達)」が公表されました。 新たな評価方法は、平成29年1月1日以後に相続、遺贈 […]
2017/06/27
平成29年度税制改正大綱情報 ~広大地評価の見直し~
自由民主党が公表した平成29年度税制改正大綱のなかで、広大地評価に係る通達(評基通24-4)の見直し案が明らかになりました。  この記事は、平成29年6月22日に国税庁より発表されました、パブリックコメントを反映して平成29年6月27日に追記をしてお […]
2017/06/22
「原本」か「コピー」か!相続税申告書の添付書類
相続税申告書の添付書類として税務署に提出する書類のうち、原本を提出しなければいけないものとコピーでもよいものがあります。ここでは、主なものを具体的に紹介します。 原本で提出する必要がある書類 ・身分関係書類(戸籍謄本、改正原戸籍、住民票など) ・印鑑 […]
2017/06/20
国・地方で異なる配当課税方式を選択する場合の要件
平成29年度税制改正により、上場株式等の配当所得等があった場合の個人住民税について、所得税と異なる課税方式を選択することが可能である旨が明確化されました。 課税方式については、所得税と住民税で一致するという見解がこれまで一般的なものとされてきたため、 […]
2017/06/13
相続人の不存在
相続税の現場において、相続人が存在しない場合もしくはすべての法定相続人が相続放棄をした場合に、どのような手続きが必要か、また相続人が不存在となり、特別縁故者が財産分与を受けた場合の相続税申告において、特に注意すべき点などを確認していきたいと思います。 […]
2017/06/06
教育資金一括贈与に係る領収書等の提出方法の拡充
平成29年度税制改正大綱では、教育資金の一括贈与に係る領収書等を金融機関へ提出する際に書面での提出方法に加えて電磁的記録によって提出することが可能となりました。 方法に関しては以下のような例が文部科学省より公表されています。 ①携帯電話のカメラ等で撮 […]
2017/05/30
マイナンバーが税務署のデータと本格的に紐づけ開始
マイナンバーとは? マイナンバーとは、ご存知の通り国民一人一人に対して付された12桁の番号で、「社会保障分野」、「税分野」、「災害対策」へ利用されるものです。 これらの分野には、それぞれ専門の省庁(厚生労働省や国税庁など)がありますが、今まで、各省庁 […]

<<前の10件へ  1  2  3  4  5  ...  49  次の10件へ>>

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145