チェスターNEWS|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

チェスターNEWS

コラム


相続税をはじめ、さまざまな税についてのニュースを発信いたします。

2008/08/17
遺産分割協議書作成の仕方について
相続財産はそのまま法定相続人に法定相続分の割合で分配してもかまいませんが、法律は法定相続分の割合で分配されることを強制しているわけではなく、法定相続人同士の話し合いによって自由に相続財産を分配することもできます。 実際の相続の手続きにおいても法定相続 […]
2008/08/10
「相続発生時に役に立つ専門家とその役割」
相続では、多くの専門家にアドバイスや業務の依頼を行うことになります。 それでは、どんなポイントで専門家を選べばよいのでしょうか? 【各専門家の役割】 ■ 税理士 ・相続に関する税務の専門家 ・相続財産の評価を行う ・税務的側面から遺産分割方法をアドバ […]
2008/08/03
四十九日法要後は相続税申告のご相談を
「四十九日法要」とは、お葬式後に初めて行う法要です。葬儀後の最初の大きな法事が、「四十九日」の法要です。この四十九日法要が終わるまでは、葬儀後の手続きや挨拶まわり等で忙しいですが、四十九日法要後は少し落ち着きます。 そこで税金の申告や遺産分割の手続き […]
2008/07/27
相続税は期限内に納めましょう
相続税申告書は、相続の開始があったことを知った日の翌日から10か月以内に提出しなければなりません。 この期限内に申告しなかった場合には、次のようなペナルティが課せられます。 まずは法定期限後に納付したことによる延滞税です。遅れて納付した分について、4 […]
2008/07/20
後継ぎ遺贈型の受益者連続型信託
従来は「遺言」によって財産を誰にどれだけ残すか決めてきました。しかし、遺言では「家祖伝来の土地は長男へ、長男亡き後はその息子へ、その後は・・・」と云うように何代も先まで相続人を指定することはできません。 新信託法では、受益者が死亡するとその受益者の受 […]
2008/07/13
事業承継対策としての生命保険の活用 ~その3~
【ケーススタディ3】 ■ 事例 甲社株式は創業者で代表取締役を務めるAが議決権の70%を保有しています。残りの30%は甲と親族関係にないBが所有しています。 Aには推定相続人として配偶者のCと長男のDがいます。Aは将来的にはBに甲社の事業を引き継がせ […]
2008/07/06
事業承継対策としての生命保険の活用 ~その2~後編
【ケーススタディ2】 ■ 事例(前回と同じ) 同族会社の100%オーナーのAには、長男B、次男Cがいます。Aは将来、長男のBに事業を引き継がせたいと思っていますが、Aの所有財産は会社株式(評価額2億円)の他は現金1,000万円のみです。 ■ 対策(後 […]
2008/06/29
事業承継対策としての生命保険の活用 ~その2~前編
【ケーススタディ2】 ■ 事例 同族会社の100%オーナーのAには、長男B、次男Cがいます。Aは将来、長男のBに事業を引き継がせたいと思っていますが、Aの所有財産は会社株式(評価額2億円)の他は現金1,000万円のみです。 ■ 対策(前編) このケー […]
2008/06/22
事業承継対策としての生命保険の活用 ~その1~
【ケーススタディ1】 ■ 事例 同族会社の100%オーナーのAには配偶者B、長男のCがいます。Aは将来息子のCに事業を引き継いでもらいたいと考えています。なおこの点について家族間に争いはありません。 Aは事業承継対策の一環として、税理士に相続税の試算 […]
2008/06/15
倍率地域に所在する不整形地等の個別事情のしんしゃくの可否
質問 倍率方式により評価する宅地について、評価すべき宅地が不整形地、間口が狭小な宅地、無道路地等である場合には、これらの個別事情をしんしゃくするために路線価方式における画地計算の方法を準用して各種の補正率を適用して計算することができますか? 回答 倍 […]

<<前の10件へ  1  ...  46  47  48  49  

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145