【事例15】道路が屈折している外側に面している宅地

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

【事例15】道路が屈折している外側に面している宅地

対象地図

【評価のポイント】

1)間口距離の求め方
実際に接道している間口距離と、想定整形地の間口距離の短い方が間口距離となります。
10m + 10m = 20m < 25m より、間口距離=20m

2)奥行距離の求め方
470u ÷ 20m = 23.5m < 25m より、奥行距離=23.5m

3)想定整形地の描き方
通常通り、想定整形地の底辺を路線と水平に描いた長方形2種類と、路線に接する両端を結んだ長方形の3パターンを比較し、最も面積の小さいものを採用することとなります。

【評価明細書の記載例】

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145