【事例8】側方路線価の影響を受ける割合が低い宅地

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

【事例8】側方路線価の影響を受ける割合が低い宅地

対象地図

【評価のポイント】

1)側方路線に面する距離が、想定整形地の側方距離よりも短い場合、側方路線影響加算率を加味します。
当該事例では、側方路線の加算割合を15分の10に削減することができます。

2)また奥行距離の計算は、地積を間口で乗じた計算上の奥行距離と想定整形地の奥行距離の短い方を採用します。
125u÷10m=12.5m < 15mとなりますので、12.5mとなります。

【評価明細書の記載例】

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145