【事例9】川や水路を隔てた土地で、橋のみで通行が可能な宅地

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

【事例9】川や水路を隔てた土地で、橋のみで通行が可能な宅地

対象地図

【評価のポイント】

1)道路との間に、川や水路があり、そこを通るために橋が常設されているような宅地の場合は、橋部分と川や水路の部分をかげ地として不整形地の斟酌を行います。

2)当該宅地の場合は、間口距離が道路に接している橋部分で5mとなります。

【評価明細書の記載例】

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145