広大地評価のすべて

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

広大地評価のすべて

500uの土地を相続されましたら、広大地評価で最大65%の大幅な節税が可能になります。

広大地はその名の通り広い土地を指しますが、広大地と認定される条件を満たしていなければ、たとえ土地が500u以上あろうとも広大地になりません。

そこで、あなたの相続された土地が広大地に判定され、大幅な節税ができるように必要な知識をすべてご紹介させていただきました。

STEP1〜STEP5まで、すべての記事を読まれたら

・お持ちの土地が広大地かどうかの判断ができる
・広大地と認定されるテクニックがわかる
・広大地評価を使うための書類の記載方法

これらの知識が全て身に付きます。

STEP 1広大地の前提知識

広大地にならない広大地もある

広い土地は全て広大地になるというと、そうではありません。
広大地と認定されるための前提条件があります。
前提条件を学ぶことで、広大地を駆使して節税を行うための土台の知識が身に付きます。

広大地の基本条件とは

STEP 2広大地の判定と計算式

計算式自体はシンプル

広大地の評価額計算は、路線価・地積・広大地の地積の3つを使うシンプルなものです。
コツさえ押さえてしまえば、スムーズな計算が可能になります。
このステップでは相続税申告を1000件以上行って得た計算のポイントをご説明します。

広大地の評価額計算方法

STEP 3広大地の個別パターンを詳細に解説

パターン別:広大地の判断方法

あなたの土地が広大地に当てはまるか、おおよその判断がついたら、書類に記載するために正確な判断をする必要があります。
ここでは個別パターンを元に、あなたの土地が広大地評価をすることができるのか、判定していきます。

広大地評価ができる土地・できない土地

STEP 4広大地の計算と書類の記載方法

広大地評価で節税するために書類に正確な記載を

広大地の判断・評価額の計算ができたら、最後に書類に広大地評価を使う旨を記載していきます。
土地評価明細書に記載を行っていきますが、通常の記載と異なる点があるので、注意をしながら記載を進めてください。

土地評価明細書へ記載

はじめての相続

相続をどのようにすすめたらいいのか?必要な資料はなにか?

相続が発生した方のために相続の全体像と集めるべき資料、絶対に使っておきたい節税に必須の特例などすべての情報を無料で公開。

相続は人生で何度も起こることではなく、また一度経験があったとしても前回の相続から時間がたっているために覚えていないことがほとんど。

専門知識が多く、わかりづらい相続について、はじめての方もわかるようにできるだけかみ砕いて説明しました。

はじめての相続をご覧いただけましたら

  • 相続税申告の全体のながれと進め方
  • 明日からすぐにできる必要な資料と集め方
  • 節税に必須の特例の種類と使用方法。土地、債務、株式など。
  • 安心して相続を任せることができる税理士の見分け方

これらの知識が身に付き、相続を全く知らないゼロの状態でも、明日から相続税の申告のために動き出すことができます。

「はじめての相続税」をみる

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145