中小企業の経営者が相続税の増税で具体的に何をしておけばよいか|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

中小企業の経営者が相続税の増税で具体的に何をしておけばよいか

生前対策がなにより重要になります

相続税の基礎控除が引き下げられ、相続税の対象者が都市部では大幅に増加することが予想されます。現在の年収が1,000万円以上又は保有自社株の評価額が5,000万円以上の場合には、相続税の課税対象者となる可能性が高いですので現状での相続税の試算をすることをおすすめします。

相続税の生前対策で一番重要なのは、現状把握となります。現状の相続税はいくらくらいかかってしまうのか、納税資金に余裕はあるのか等、現状の問題点を抽出することが非常に重要です。

問題点を抽出できれば一つ一つその問題を解決していけばよいのです。なお、問題点の解決には時間を要するものもございますので、早い段階で余裕を持って現状把握をすることをおすすめします。

(1)相続税の節税
相続税の節税対策としては、自社株の評価引き下げ、生前贈与、小規模宅地等の特例が有効活用できるか、不動産の評価で減額可能な対策はないか、資産を組み替えることにより相続税の節税にならないか等を総合的に勘案しながら進めていきます。

(2)納税資金の準備
納税資金は相続が起こってから準備しても遅いことが多々有ります。生前のうちに相続人が困らないように準備をしておきましょう。生命保険への加入、退職金規程の整備、不動産の売却、相続後の自社株買い取りによる納税資金の確保の場合の事前準備等様々の方法から自分にあった対策を考えておく必要があります。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
株式交換による自社株評価の引き下げ
株式交換の活用 株式交換を行うことにより、株式の評価額を下げることができるのは以下のような場合です。 『株式評価額の低い会社を親会社とし、株式評価額の高い会社を子会社とする』 株式評価額の低い会社と高い会社をそれぞれ所有していた場合、相続税の財産評価 […]
株式担保とは(事業承継税制)
株式担保とは(事業承継税制) 中小企業などを後継者が引き継いだとき、相続税の負担によって、受け継いだ事業を継続するのに支障が出てしまうのを防ぐため、相続税の納税を猶予する制度があります。 この納税猶予制度を利用するときには、担保を提供しなければなりま […]
常時使用する従業員について(事業承継税制)
常時使用する従業員について(事業承継税制) 常時使用する従業員とは、当該年度の4月1日の時点である事業者に期間を定めずに使用されている人もしくは1カ月を超える期間を定めて使用されている人(パート、アルバイトを含みます)、また前年度の2月中および3月中 […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145