隠し子がいた場合の相続手続きについて|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

隠し子がいた場合の相続手続きについて

父に隠し子がいた事を父が亡くなった後に気がついたらどうなるのでしょうか?

被相続人が父、相続人が長男と隠し子の2人だった場合を考えてみましょう。なお、隠し子は父と生前も交流がなく長男は隠し子がいたことを戸籍で知りました。隠し子は父が亡くなったことも知りません。

父の遺産相続の際に必ず隠し子に連絡しないと相続手続きは進まないのでしょうか?
父が生前にどのような手続きをしていたかにより結論が変わってきます。

1. 父が遺言を書いていなかった場合

遺産分割協議を長男と隠し子でする必要が有るため、隠し子に父の死を知らせない限りは長男は相続手続きが出来ず、父の財産を自由にすることが出来ません。

2. 父が自筆証書遺言を書いていた場合

自筆証書遺言は家庭裁判所の検認が必要ですので父の死を隠し子に知らせる必要があります。すなわち、検認手続から1年間は遺留分減殺請求される可能性があります。

3. 父が公正証書遺言を残していた場合

公正証書遺言は検認が不要ですので隠し子に父の死を知らせずに相続手続きが出来ます。かつ、遺留分減殺請求の権利は、父の死から10年で消滅しますので隠し子が父が死んだことを10年気づかなければ長男は遺留分減殺請求されることもないのです。

上記を確認すると長男に全財産を渡したいなら公正証書遺言を残しておいたほうが良いというのがわかります。もちろん公正証書遺言があったとしても隠し子がどこかで父の死を知ってしまった場合には遺留分減殺請求される可能性はありますが。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
死亡後に行う高額療養費の申請手続き
自己負担額が一定の金額を超え申請を行なうことによって高額医療費として支給 高額療養費に該当している方には診療した月から2ヶ月後の月末に保険年金課から、高額療養費支給申請書が自宅へ送付される事になります。 この際に必要な提出書類は国民健康保険高額療養支 […]
死亡後に行う配当の受け取り手続き
死亡後に行う配当の受け取り手続き 死亡後に行う配当の受け取り手続きとして亡くなった方(被相続人)が株を所持していた時に、その株を相続することが可能になるように相続人の方が配当金について確認作業を行うことからはじめます。 まずは証券会社との確認を行いま […]
印鑑登録証の返還方法
印鑑登録証の返還方法 転出や、死亡などに伴い、印鑑登録は自動的に廃止になります。 そのためお住まいからお近くの市役所や役場での窓口に変換する義務が生じます。 対象者は転出や死亡された方のみです。 そのままにしておかずに早期のうちに返還することをおすす […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306