税務上贈与と見做される取引|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

税務上贈与と見做される取引

約束は贈与したことと同じ

 110万円の基礎控除以内ならば、毎年贈与を行っても、贈与税はかかりません。しかし、
「基礎控除額以内の額を、これから毎年贈与するよ」
 と相手に約束すると、話が違ってきます。

 というのは、約束した時点で、「基礎控除以内の給付を毎年受ける権利」が贈与されたものとみなされるからです。贈与は、金品の現物のやりとりだけでなく、金品をもらう権利など、無形のものでも成立するのです。

 たとえば、今後10年間非課税枠の贈与をすると約束した場合、110万円×10年、つまり1100万円を受け取る権利が贈与されたとみなされ、今年分の基礎控除110万円を除いた990万円に、贈与税がかかります。

 もちろん、その約束の場に国がいるわけでないので、約束が明らかになって「税制上問題がある」と指摘されるのは、相続時です。

 贈与の記録が定期的だったり定額だったりしていると、税務調査で「最初の年に約束があった」とみなされることが多くなります。

「おまけ」も資金援助もトラブルに

 また、「贈与税がかからないように」との気配りから、相手からあえて対価をもらうケースがありますが、
「うんと、おまけしておくよ」
と、相場を度外視した安い値にするのは、贈与税のトラブルをまねくもとです。

 財産を安価に譲り受けた場合、本来の相場との差額は、買った側にとって「ただで得をした分」にあたります。これが贈与とみなされるのです。

  親からの資金援助も、場合によっては、贈与とみなされます。

 その援助が、法律上の金銭貸借のかたちをとれているなら、問題はありません。しかし金銭貸借では借りた側が返済義務を負うので、「お金を返した」という実績が必要です。

 もし「長い時間をかけ、返すつもりだ」というなら、銀行金利と同程度の利息を返済時につけなくてはなりません。無利息の金銭貸借だと、税務調査では、贈与と判断される可能性が高くなります。

 家族内の気軽さで行う取引で、贈与税のトラブルをおこさないように注意しましょう。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
贈与税の時効
贈与税の時効 贈与税の徴収権には時効があります。 贈与税は租税債権であり、国の債権ですので国税通則法に基づき6年で時効にかかります。 ただ、虚偽申告その他不正の手段により贈与税の申告を免れた場合には、例外として7年の時効となります。 贈与税の基礎控除 […]
特定贈与財産とは
1. 特定贈与財産 一定の要件を満たせば、相続税、贈与税が課税されることなく、現在住んでいる不動産を配偶者へ贈与することが出来ます。 今回は特定贈与財産についてご説明したいと思います。 この特定贈与財産とは以下のいずれかに該当するものをいいます。 ( […]
債務免除と贈与
債務免除とは 民法519条に『債権者が債務者に対し債務を免除する意思を表示したときはその債権は消滅する』とあるように、債権者がその権利を放棄することで債務者の債務が免除されることを債務免除といいます。 債務免除が行われた場合、本来債権者へ弁済されるべ […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145