特別受益の持ち戻し|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

特別受益の持ち戻し

遺産分割と「特別受益の持ち戻し」

 税制では、相続前3年分の贈与を相続税の対象にしますが、それ以前の贈与については、法律上の不備がなければ、すべて相続財産から切り離します。

 一方、遺産分割では、特定の贈与に限り、無期限にさかのぼって相続財産に加えることになっています。

 特定の贈与とは、一つは、結婚や養子縁組の資金や、独立後の生活のさまざまな資金として渡されたものです。「遺産の前渡しにあたる」とみなされるからです。

 もう一つは、遺贈されたものです。たとえば特定の財産を特定の相続人に確実に渡したいといった場合に、あえて遺贈のかたちをとることがあります。こちらは、「遺産を相続以外のルートで渡すものだ」とみなされます。

 これらの贈与は特別受益と呼ばれ、全額が相続財産に加えられます。これを「特別受益の持ち戻し」といい、遺産分割は持ち戻し後の総額から計算します。

 こう書くとややこしいですが、要は、
「たくさん贈与を受けていたなら、その分、遺産の分け前は少なめにしますよ」
 ということです。被相続人の財産は、生前に前渡ししたものも、死後に遺されたものも、すべてひっくるめたかたちで相続人に公平に分けられるのです。

 なお、持ち戻しは計算上のことで、贈与された財産そのものを返すわけではありません。

貢献は報われないのか

 では、こういう場合はどうなるのでしょう。
「私は、故人(被相続人)が財産を築くのを、けっこう手伝った。資金の贈与はその貢献へのお礼だったし、今ある遺産には私が手伝った分もあるはず」
 この場合、贈与はやはり特別受益として持ち戻されますが、貢献した分は寄与分として、その後の調整でプラスに考慮していきます。

 どの贈与を特別受益とみなすかは、相続人の話し合いによります。判断のポイントは、「遺産の前渡しにあたるかどうか」です。

生前贈与は相続トラブルのもと?

 このような手間のかかる処理がされるのは、相続の公平性を保つため。心情的にも、贈与の不公平感は多くの場合、相続トラブルにつながるからです。しかし、せっかく公平をめざしても、持ち戻し作業の最中に、
「え、あの子だけにこんな贈与を?」
と、偏った贈与が明らかになったりすると、新たな火種になることも…。

 以前に「生前贈与は確実で効率的」と書きましたが、いざ実施するとなると、法や税制のルールを守るだけでなく、周囲の心情も考慮する賢さが必要となります。

 それを無視して安易な贈与を行うと、往々にして、将来の相続に禍根を残します。

 では、どうすれば賢く生前贈与ができるでしょうか。次章から考えていきましょう。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
贈与税の時効
贈与税の時効 贈与税の徴収権には時効があります。 贈与税は租税債権であり、国の債権ですので国税通則法に基づき6年で時効にかかります。 ただ、虚偽申告その他不正の手段により贈与税の申告を免れた場合には、例外として7年の時効となります。 贈与税の基礎控除 […]
特定贈与財産とは
1. 特定贈与財産 一定の要件を満たせば、相続税、贈与税が課税されることなく、現在住んでいる不動産を配偶者へ贈与することが出来ます。 今回は特定贈与財産についてご説明したいと思います。 この特定贈与財産とは以下のいずれかに該当するものをいいます。 ( […]
債務免除と贈与
債務免除とは 民法519条に『債権者が債務者に対し債務を免除する意思を表示したときはその債権は消滅する』とあるように、債権者がその権利を放棄することで債務者の債務が免除されることを債務免除といいます。 債務免除が行われた場合、本来債権者へ弁済されるべ […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306