贈与の決め方は、親子世代で話し合うのが基本|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

贈与の決め方は、親子世代で話し合うのが基本

金銭面だけでなく気持ちにも配慮

 贈与の公平を考える際は、金額面だけに目が向きがちです。しかし私たち税理士の経験からいうと、金額面の公平さより心理的な納得感を大切にした方が、最終的にトラブルが起きにくい傾向があります。

 金額だけ均等にするのは、いわば結果だけの公平です。これに対して納得感は、その間の事情や経緯を知ることで得られます。事情や経緯を納得できれば、結果に多少の不公平があっても、人は不満を持たないものです。

 ですから、生前贈与をはじめるにあたっては、まずは話し合いの場を持つことをおすすめします。話し合いで生まれる納得感は、その後の多くのトラブルを回避することにつながります。

 もちろん、話し合いの結論は贈る側の意思を重視すべきであり、受け取る側はその意思を尊重しなければなりません。

 話し合いが持てなくても、贈与する側が「なぜ生前贈与をしたいか」を皆にキチンと伝えるだけでも、ことがスムーズに運びます。

 生前贈与の提案を受けた次世代が、「自分たちはいいから、自由に使いなよ」と対応することがよくあります(世の中は、私たちが思う以上に、デキタ人たちが多いようです)。

 しかし、「将来おまえたちにかかる税負担を減らしたい」「世代を超えて財産を伝えたい」など、親の口から理由を伝えれば、子の納得感が強まり、協力してもらえます。

税理士を利用することも考えよう

 ただ、話し合いを提案するのは、贈与する側なら簡単ですが、受け取る側からは言いだしにくいものです。私たち税理士も、次世代の人からしばしばそんな相談を受けます。

 その際に答える解決法は、「私たちをダシにしてください」というもの。
「担当税理士が言っているんだけど、相続や生前贈与について、親子で話し合ったほうがいいみたいだよ」
 税理士とつきあいがない人なら、「新聞やテレビで見た」も有効ですし、「相続トラブルにみまわれた知り合い」をでっち上げてもいいでしょう。
「『親が亡くなる前に話し合っておけば』と、悔やんでいるそうなんだ」と。

 相続は親が亡くなる前提の話ですから確かにはばかられますし、親の財産を話題にすることを「欲深く思われる」として避けたがる人は少なくありません。

 しかしいったん相続を迎えれば、財産に関わる話し合いは避けられません。生前の話し合いがなかったために親がどういう意思だったかがわからなければ、子は相続の場でオロオロするばかりです。そこにちょっとした誤解があれば、爆発して争いにつながるのです。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
贈与税の時効
贈与税の時効 贈与税の徴収権には時効があります。 贈与税は租税債権であり、国の債権ですので国税通則法に基づき6年で時効にかかります。 ただ、虚偽申告その他不正の手段により贈与税の申告を免れた場合には、例外として7年の時効となります。 贈与税の基礎控除 […]
特定贈与財産とは
1. 特定贈与財産 一定の要件を満たせば、相続税、贈与税が課税されることなく、現在住んでいる不動産を配偶者へ贈与することが出来ます。 今回は特定贈与財産についてご説明したいと思います。 この特定贈与財産とは以下のいずれかに該当するものをいいます。 ( […]
債務免除と贈与
債務免除とは 民法519条に『債権者が債務者に対し債務を免除する意思を表示したときはその債権は消滅する』とあるように、債権者がその権利を放棄することで債務者の債務が免除されることを債務免除といいます。 債務免除が行われた場合、本来債権者へ弁済されるべ […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145