以下のようなものは葬儀関係の対象になるか?|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

以下のようなものは葬儀関係の対象になるか?

Q.以下のようなものは葬儀関係の対象になるか?

相続税の計算を行う上で、対象となる葬儀関係の費用について教えてください。
以下のようなものは対象になりますでしょうか?

・納骨時にかかった食事代
・納骨時にかかったお布施
・墓石への彫刻費用
・会葬お礼

よろしくお願いいたします。

A.納骨時にかかった食事代 → こちらは対象外です

ご回答させていただきます。

・納骨時にかかった食事代 → こちらは対象外です。ただし、純粋に納骨作業にかかった作業は控除対象となります。
・納骨時にかかったお布施 → 上記同様、対象外です。
・墓石への彫刻費用 → こちらも対象外です。
・会葬お礼 → こちらは、別途香典返しを行われている場合には控除可能です。

以上、よろしくお願いいたします。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
婚姻関係終了届とは
姻族関係とは 法律上では、結婚すると配偶者との婚姻関係とともに、配偶者の両親や兄弟などの血族との姻戚関係が結ばれます。つまり、血のつながりがなくても、結婚によって配偶者の血族と親戚関係になるということです。 姻族関係は、配偶者と離婚した場合には、婚姻 […]
小規模宅地等の特例とは ~概要・要件・質疑応答~
 相続税の各種特例のうち最重要と言っても過言ではない特例が、「小規模宅地等の特例」です。小規模宅地とあるのでなんとなく土地に関する特例なんだろうなというのはわかると思います。相続税専門の税理士が小規模宅地等の特例についてわかりやすく解説します。 1) […]
重畳的債務引受とは
「重畳的債務引受」とは 債務引受の方法には、「重畳的債務引受」と「免責的債務引受」があります。 債務引受けとは、債権者へ負っている債務を第三者が債務者に代わって引き受けるということです。 債務引受のうち「重畳的債務引受」とは、債務を引き受ける側が、当 […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145