掛捨て型の損害保険はどのように評価する?|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

掛捨て型の損害保険はどのように評価する?

Q.掛捨て型の損害保険はどのように評価する?

掛捨て型の火災保険と自動車保険に被相続人が契約しておりました。掛け捨て型ではあるものの、保険料を一時払いしていたため、解約返戻金があることがわかりました。実際、契約者の名義変更をして同じ保険に入り続けておりますが、この保険に関しては、相続発生日に解約した場合の返戻金相当額を相続財産として計上する ということになりますでしょうか?教えていただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

A.掛捨て型の損害保険契約であっても・・・

火災保険等の損害保険契約について、保険料を被相続人が負担していた場合には、 相続開始の時において当該契約を解約するとした場合に支払われることとなる解約返戻金の額によって評価するものとされています。

解約返戻金の額とは、解約返戻金のほかに支払われることとなる前納保険料の金額も含みます。 そのため、掛捨て型の損害保険契約であっても、解約した場合に一時払い保険料等が 支払われる契約であれば、 相続発生日に仮に解約した場合の返戻金相当額を相続財産として計上することになり ます。

解約返戻金の額については、保険会社に対して照会を行うことで確認することができ ます。

当サイトの運営法人

セミナー

4000人以上に選ばれている
相続専門の業界大手税理士事務所



関連性が高い記事
掛捨て型の損害保険はどのように評価する?
Q.掛捨て型の損害保険はどのように評価する? 掛捨て型の火災保険と自動車保険に被相続人が契約しておりました。掛け捨て型ではあるものの、保険料を一時払いしていたため、解約返戻金があることがわかりました。実際、契約者の名義変更をして同じ保険に入り続けてお […]
「申告期限後3年以内の分割見込書」の提出もれ
Q.「申告期限後3年以内の分割見込書」の提出もれ ①無申告の状態の方が、期限後申告をする場合に、当然表記の見込書も未提出な訳ですが、この場合期限後申告で「小規模宅地の特例」を受けるためにはどうすればいいですか? ②また、単に分割見込書の添付を失念して […]
相続人が非居住者の場合の小規模宅地の特例
Q.相続人が非居住者の場合の小規模宅地の特例 相続人2名とも非居住者です。 長男アメリカ在住10年(長期出張)、次男タイ在住3年(長期出張)。 被相続人 父 国内在住で相続発生しました。 被相続人が5年以上国外に居住していないので、小規模宅地等、通常 […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145