未分割による相続税申告|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

未分割による相続税申告

Q.未分割による相続税申告

配偶者、長女、長男、長男の嫁(養女)、長男の子(孫養子)が相続人の場合で、もめたことにより未分割の申告をする場合の相続分について教えてください。
相続税の総額は法定相続分で計算しますが、遺留分の相続分と同様に未分割申告の相続分は、
配偶者1/2、長女、長男、養女、養子がそれぞれ1/8ずつで申告することで合っていますでしょうか?
もしくは、法定相続分を重視して配偶者1/2、長女1/6、長男1/6、養女1/12(1/6を2人で按分)、養子1/12(1/6を2人で按分)で申告するのでしょうか?

A.民法上の相続分を取得したものとして相続税申告を行う事となります

ご質問の場合、下記1の民法上の相続分を取得したものとして相続税申告を行う事となります。

【1.民法上の相続分】

○配偶者 1/2
○長女、長男、長男の嫁、長男の子 それぞれ1/8ずつ

ただし、相続税の総額を計算する際には下記2の相続税法上の法定相続分を使用します。

【2.相続税法上の法定相続分】

○配偶者 1/2
○長女  1/6
○長男  1/6
○長男の嫁(又は長男の子)1/6

※長男の嫁又は長男の子のいずれか1人で、どちらでも構いません。
※「養子」については双方とも普通養子と仮定しております。

相続税計算の際の「法定相続分」は、普通養子の場合において被相続人に「実子(長男)」がいるときは「1人まで」と定められているため、
普通養子である「長男の嫁」又は「長男の子」のいずれか1人が相続税法上の法定相続人となります。

従いまして上記2により計算した相続税総額を、上記1の相続分で配分をして各個人の納付税額を計算します。
なお「長男の子」につきましては、相続税額の2割加算の適用があり、納付税額は1.2倍となりますのでご注意ください。

以上、ご確認の程宜しくお願い致します。

【補足事項】
※もし特別養子制度のもと養子となった場合には、「実子」と同じ取扱いとなり、
 相続税法上、養子の制限はされませんのでご注意ください。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
掛捨て型の損害保険はどのように評価する?
Q.掛捨て型の損害保険はどのように評価する? 掛捨て型の火災保険と自動車保険に被相続人が契約しておりました。掛け捨て型ではあるものの、保険料を一時払いしていたため、解約返戻金があることがわかりました。実際、契約者の名義変更をして同じ保険に入り続けてお […]
「申告期限後3年以内の分割見込書」の提出もれ
Q.「申告期限後3年以内の分割見込書」の提出もれ ①無申告の状態の方が、期限後申告をする場合に、当然表記の見込書も未提出な訳ですが、この場合期限後申告で「小規模宅地の特例」を受けるためにはどうすればいいですか? ②また、単に分割見込書の添付を失念して […]
相続人が非居住者の場合の小規模宅地の特例
Q.相続人が非居住者の場合の小規模宅地の特例 相続人2名とも非居住者です。 長男アメリカ在住10年(長期出張)、次男タイ在住3年(長期出張)。 被相続人 父 国内在住で相続発生しました。 被相続人が5年以上国外に居住していないので、小規模宅地等、通常 […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145