相続税の期限後申告の特則|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

相続税の期限後申告の特則

小規模宅地等の特例の適用けるためには、相続税の申告が必要です。しかし、この特例を受けると相続財産の課税価額が基礎控除内となるため、相続税の申告は不要だと考えていると、税務署からお尋ねを受ける場合があります。しかし、その後に、申告を行っても、この特例を受けることは可能です。それは、「相続税の期限後申告の特則」があるからです。以下では、これについて解説します。

小規模宅地等の相続税の課税価額の計算の特例とは

小規模宅地等の特例とは、被相続人が居住の用に供していた宅地等を個人が相続により
取得した場合、相続税の課税価額を算定する際に、その宅地の課税価額を一定面積まで一定割合を減額するという相続税の軽減制度のことをいいます。

例えば、被相続人が居住の用に供していた宅地を相続人が相続により取得した場合で、小規模宅地等の特例の適用を受ける場合には、その相続税評価額は、330㎡を上限として、本来の評価額から80%を減じた価額となります。

相続税の期限後申告の特則とは

租税特別措置法第69条の4第6項において、この小規模宅地等の特例の適用を受けるためには、相続税の申告期限内に、申告書にこの特例の適用を受けようとする旨の記載した上、計算に関する明細書その他財務省令で定める書面を添付して、税務署に提出することが
必要であると規定しています。

さらに、同項の括弧書きにおいては、小規模宅地等の特例を受けるための申告書には、
期限後申告及び修正申告を含む、と規定されています。つまり、小規模宅地等の特例の適用を受けるための申告書は、期限後申告でも構わない、ということになります。そして、これが、相続税の期限後申告の特則の特例となります。

相続税の期限後申告の特則の効用について

小規模宅地等の特例の適用を受けた場合には、相続財産の価額が相続税の基礎控除内に収まるけれども、特例の適用を受けない場合には、基礎控除額を上回るため、相続税の支払義務が生じるということがよくあります。

この場合、期限後申告の特則がない場合には、小規模宅地の特例の適用により、相続財産の価額が基礎控除内となるので相続税が発生しないので、相続税の申告が不要だと判断し、
相続税の申告及び特例適用の手続きを行なっていないと、特例の適用が受けられず、相続税の支払いが命ぜられます。

しかし、相続税の期限後申告の特則があるために、申告書の提出及び特例適用の手続きをしなかったために相続税が発生した結果、税務署からお尋ねがあり、それに対応して申告書の提出及び小規模宅地の特例の適用を受ける手続きをした場合でも、この特例の適用を受けることが可能となります。

申告期限内に遺産分割協議が整わない場合について

小規模宅地等の特例の適用を受けるためには、もう一つ大切な要件があります。それは、
申告書の提出期限まで、遺産分割協議が終了して、特例の対象となる宅地を相続する者が決まっていることです。

申告書の提出は、相続税の申告期限後でも特例の適用は可能ですが、申告期限までに、遺産分割協議等により特例対象宅地を相続する者が決まっていない場合には、この特例の適用は不可能となります。

なお、相続人間で揉めていて、相続税の申告期限までに対象宅地の帰属が決まりそうにない場合には、「申告後3年以内の遺産分割の見込書」を添付して申告を行い、そして、その後に実際に遺産分割協議が整った後に再度修正申告を行い、その際に必要な手続きを行なえば、小規模宅地等の特例の適用を受けることができます。ただし、この手続きができるのは、申告期限後3年以内に限ります。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
相続税の時効
相続税の時効について 相続税は国税であり、国の債権です。国税債権は国税通則法の定めに従い、原則として5年で時効にかかります。 つまり、5年間相続税を納付しないことで相続税の負担から免れることとなります。この時効制度の存在理由(趣旨)については、様々な […]
遺産取得税方式とは
遺産取得税方式とは 相続財産の相続税評価においては、遺産課税方式と遺産取得課税方式とに大きく分けられます。 まず、遺産課税方式とは、相続人の人数や相続の配分などに関係なく、被相続人の財産(合計)に着目して評価をするやり方です。 まずはその被相続人の持 […]
養子縁組前の3年内加算について
養子縁組前の3年内加算について 相続税はその法定相続人が多いほど非課税対象額が多くなることはご存知の方が多いはずです。課される相続税の対象財産はどこまでのことを指すのでしょうか。 相続税の節税対策として一般的なのは生前贈与、つまり財産の一部を相続人に […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145