相続権を失った者と相続税|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

相続権を失った者と相続税

相続権を失った者と相続税

遺産を相続することのできる人の範囲は法律によってあらかじめ定められています。

しかし、相続の権利を持っている人が何らかの理由によって相続する権利を失ってしまう「欠格」や「排除」と言った制度もあります。

相続人に相続の権利を認めない「欠格」には、5つの条件があり、その条件に当てはまる人は相続の権利を持っていてもその権利が認められず、相続権を失ってしまうことになります。

その条件は、?被相続人や自身より上位にある相続人などを故意に殺害した、もしくは殺害しようとして罪に問われたこと?被相続人が殺害された事を知っていたにもかかわらず、そのことを告発しなかったこと?脅迫などによって被相続人が作成した遺言を変更させなかったこと?詐欺または脅迫によって、元あった遺言を変更させたこと?被相続人の作成した遺言を偽造したこと、と以上のようになっています。

このような行為をすると、その相続人の相続権は失われてしまいます。

また、相続権を失った者については、相続税も課税されません。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
相続における居住権の主張
居住権とは 「居住権」という言葉は法律用語としての定義はありません。 一般的に、居住権とは、賃借権がなくなった後も、事実上継続して居住できる権利をいいます。 通常、他人所有の家屋に居住する場合には、契約に基づく賃借権が必要となります。 賃借権は、賃貸 […]
実子と養子の違い
実子と養子の違い 実子と養子は明らかに違いがあります。 実子は血縁関係のある子であり、養子は血縁関係のない子です。 これは、どうしても変えることのできない事実です。 しかし、身分を保障する法律上ではそこに変化が生じるため、遺産相続の場合などの為にこの […]
相続で実印登録がない場合
相続で実印登録がない場合 相続手続きにおいては、様々な場面で実印を押す必要があります。 実印とは、会社等法人の場合には登記所(法務局)で印鑑届書において提出した印鑑(通称は会社印・会社の実印・丸印・社長印などと呼ばれます)、個人の場合には市区町村に届 […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306