退職手当と定期金の評価|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

退職手当と定期金の評価

退職手当と定期金の評価

企業に勤めている人が死亡した場合、退職手当など諸手当を雇用主から年金のように定期金として受け取る場合があります。

そのような場合、相続税法上での評価はどのようになるのでしょうか。

この退職手当金などは、一時金でもらっても定期金として受け取っても同じように評価されます。

これらを相続人が受け取る場合、相続で取得したものとみなされ、相続税が課税される事になるのです。

ちなみに、その評価額は受け取った額全部になるのですが、相続人がこれらの手当てを受け取った場合、相続と見なされても一定額は非課税となります。

その非課税限度額は、500万円×法定相続人の数で算出することができます。

もしも受け取った手当てがその額より少なければ、受け取った金額全て非課税となり、相続税を支払う必要はありません。

もしもその額より多くの手当てを受け取っている場合は、その額を超過した分の金額から相続税が算出されることになります。

自分の場合はどのようになるのか、きちんと計算して納税するようにしましょう。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
既経過利息の相続税評価について実務的な取り扱い
相続財産の中に定期性の預金があった場合には、残高証明書に記載されている額面金額に加えて既経過利息も評価に含める必要があります。既経過利息とは、“仮に”相続開始日時点でその預金口座を解約した場合に支払われることになる利息のことを言います。では、詳しく見 […]
被相続人名義以外の預金
被相続人名義以外の預金 相続税の税務調査で問題となるのが被相続人名義以外の預金の取り扱いです。 口座が被相続人以外の名義になっていても、いわゆる名義貸しのように、実質はその預金の出所や口座の管理者が被相続人であるとされた場合、その口座の預貯金分も相続 […]
定期金に関する権利とは
定期金に関する権利とは 定期金に関する権利とは、つまり保険金や年金などを受け取る権利ということです。 被相続人に掛けられていた損害保険や年金などを、相続人が相続財産として受け取る場合についても、相続税法については細かく規定されています。 有期の定期金 […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145