債務免除と相続税|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

債務免除と相続税

債務免除と相続税

債務免除によって得る事になった利益も、相続税が課税される対象になるということはご存知ですか?

もしも被相続人が死亡した際、相続人が被相続人に対して債務を持っていて、被相続人の遺言によってその債務を取り消す事になった場合、その分の金額も被相続人から相続人への贈与と見なされるため、免除された債務分の金額が評価額となって相続税が課される事になります。

ただし例外もあって、特定の場合においてその債務免除が遺贈によるものと見なされず、課税免除される可能性もあります。

まず、免除等を受けて利益を得た人物が資力を喪失しており、債務を弁済する事が困難であると見なされ、債権者から債権の免除を受け、その人物の扶養義務者が債務の全部または一部を引き受けて弁済を行ったという場合、その人物による債務弁済が困難であると見なされる部分の額については相続税は免除されることになります。

直接財産を受け取ったというわけではなくても、状況に応じて相続税が加算されるという事は覚えておきたいところです。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
重畳的債務引受とは
「重畳的債務引受」とは 債務引受の方法には、「重畳的債務引受」と「免責的債務引受」があります。 債務引受けとは、債権者へ負っている債務を第三者が債務者に代わって引き受けるということです。 債務引受のうち「重畳的債務引受」とは、債務を引き受ける側が、当 […]
免責的債務引受とは
免責的債務引受とは 免責的債務引受とは、債権者に負っている債務を第三者が債務者の代わりに引き受けることです。 これがなされると、債務は旧債務者から新債務者に完全に移転するため、旧債務者は債務を免責されます。 よって、以後債権者は旧債務者に対して取り立 […]
債務控除ができる公租公課
債務控除ができる公租公課 相続税は、被相続人の方が保有されていた不動産や預貯金などの積極財産(プラスの財産)から、債務を差し引いた後の正味の財産に課税されます。 そのため、相続に際して、債務を相続されている場合には、相続税の計算上、債務を差し引くこと […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306